COLUMNコラム

2017/10/04
デジタルパーマと通常のパーマの違いって何?
「大川 英夫」が書いたコラム一覧はこちら

デジタルパーマ,デジパ,コールドパーマ,ミディアム,乾かし方,スタイリング剤,失敗,違い,スタイリング

AZURA本荘、デザイナーの大川です。

私のサロンでは、デジタルパーマを施術される20代~30代のお客様がたくさん見えます。その理由は、私自身がクセ毛で悩んでいたということもあり、クセ毛でもかけかれるデジタルパーマの魅力をお客様に自信を持ってオススメできるからだと思っています。

その昔、クセ毛の方にパーマを施術するのは、髪の毛のクセを直すストレートパーマか、縮毛矯正のみで、縮毛矯正をした髪にはパーマはかけられないと言われていました。
しかしデジタルパーマは、縮毛矯正した髪にもデジタルパーマをかけてヘアスタイルを楽しむことができるのです。

だいぶ世の中に認知されたデジタルパーマですが、まだまだ通常のパーマと何が違うのかという声をよく耳にします。
デジタルパーマが世に出まわってから10年以上が経ちますが、まだまだ知られていないデジタルパーマの魅力を多くの方に知って欲しいのでコラムを書くことにしました。

デジタルパーマ,デジパ,コールドパーマ,ミディアム,乾かし方,スタイリング剤,失敗,違い,スタイリング

以前にも、デジタルパーマの特集ページを作らせてもらいましたが、改めてデジタルパーマと通常のパーマとの違いや、「パーマが長持ちする」「スタイリングが簡単」など、デジタルパーマのメリット・デメリットもまとめてみました。
このコラムを読めば、デジタルパーマのことはだいたい(約80%くらい)は理解できるかと思います。ぜひ一読下さいね!

目次
1. 通常のパーマ(コールドパーマ)とは
2. デジタルパーマ(デジパ)とは
3. デジタルパーマのメリット・デメリット
 3-1. メリット
 ・仕上がりを軽い感じを出せて、スタイリングが楽になる
 ・パーマがかかりづらい人でも綺麗にかかる可能性が高い
 ・乾かすことによで高い再現性が得られる
 ・パーマの持ちがよく、長い期間パーマが持続する
 3-2. デメリット
 ・小さい・細かいウェーブはつけられない
 ・カールの形状記憶が強いため髪へのダメージが大きい
 ・デジタルパーマを落とすには縮毛矯正が必要
4. デジタルパーマの乾かし方7つの手順
5. デジタルパーマの料金はいくらぐらいなの?
6. デジタルパーマにオススメの人気スタイリング剤5選
7. デジタルパーマによくある3つ失敗パターンと対策
 7-1. パーマがかかりすぎる
 7-2. ウェーブ、カールが出ない
 7-3. 髪の毛が傷みすぎる
8. まとめ

1.通常のパーマ(コールドパーマ)とは

デジタルパーマ,デジパ,コールドパーマ,ミディアム,乾かし方,スタイリング剤,失敗,違い,スタイリング

美容院ではおなじみの通常のパーマは「コールドパーマ」とも呼ばれます。パーマがかかりづらい髪の方以外は基本的に温めることなく、薬剤によって髪の毛にカールをつけます。
温める場合でも、デジタルパーマのようにロッドに直接加熱していくことはなく、頭全体を温めていきます。

そんなコールドパーマの特徴は、髪に水分がある状態の方がウェーブやカールが強く出るという点。スタイリングする時には、髪を濡らしてからスタイリング剤を使うとふんわり、やわらかな印象が出ます。

パーマをかけた後の質感は、ツヤのある束感がでるのも特徴の一つでしょう。

一方でコールドパーマは1ヶ月~2ヶ月くらいでウェーブが取れてしまいます(個人差はあります)。今回のお題でもあるデジタルパーマに比べるとだいぶ早いです。

2.デジタルパーマ(デジパ)とは

デジタルパーマ,デジパ,コールドパーマ,ミディアム,乾かし方,スタイリング剤,失敗,違い,スタイリング

デジタルパーマは、薬剤と加熱ロッドを使用し、加温して施術を行うホットパーマの一種です。縮毛矯正やアイロンパーマとデジタルパーマの施術工程は良く似ています。

熱を併用することで、形状記憶力を与え、髪の毛が乾いたときに元の形に戻ろうとする力が強まるため、パーマのかかり具合を強くすることができます。 形状記憶パーマとも呼ばれています。

また、デジタルパーマは、十数以上前に登場したパーマで、略して「デジパ」とも呼ばれています。専用マシンを使うため、細かい温度調整が可能ですので他のホットパーマより多くの点で優れています。

3.デジタルパーマのメリット・デメリット

デジタルパーマ,デジパ,コールドパーマ,ミディアム,乾かし方,スタイリング剤,失敗,違い,スタイリング

3-1.<メリット>

・仕上がりを軽い感じを出せて、スタイリングが楽になる
・パーマがかかりづらい人でも綺麗にかかる可能性が高い
・乾かすことによで高い再現性が得られる
・パーマの持ちがよく、長い期間パーマが持続する

 

「仕上がりを軽い感じを出せて、スタイリングが楽になる」

仕上がりに軽い感じを出せて、コテで巻いたようなゆるふわが再現できるのがデジタルパーマの特徴です。また、ダメージヘアーにもかけられるのもポイントです。ただし、ブリーチ毛など薬剤によるダメージを繰り返している髪にはオススメできません。

デジタルパーマは、髪に熱を加え、髪が乾いた時に近い状態で施術をしていくため、家で乾かした時にカールが出やすい状態になります。ですので、スタイリングが楽になります。

「パーマがかかりづらい人でも綺麗にかかる可能性が高い」

デジタルパーマは、先にも述べましたが、これまでパーマがかからなかった方も綺麗にかかる可能性が高いです。また、デジタルパーマの特徴として、パーマの薬剤と共に機械を使い髪の毛に熱を加えていくため、髪のタンバク質が加熱され、立体的で弾力性のあるウェーブやカールが形成されます。

「乾かすことによで高い再現性が得られる」

デジタルパーマのカールは、乾かすタイミングで形成されます。デジタルパーマの嬉しいポイントは、乾き途中でスタイリング剤を付けて乾かすだけでスタイルが決まるところです。

乾く瞬間がポイントですので、クルクルと指に巻き付けながら乾かすだけで、サロンから帰ってきた時のようなふんわりウェーブが再現しやすいです。

「パーマの持ちがよく、長い期間パーマが持続する」

デジタルパーマは、形状記憶の名前の通り、熱の力も使っているため、とても長持ちします。通常のパーマはパーマ液のみのため、1.5~2倍くらいの持続性があると言われています。美容師の腕はもちろん、髪の癖や強さ、使う薬液の種類によっても変わってきますが、完全にとれるまで普通は4~5か月後から、また、長い方だと1年かかる方もいるくらいです。

髪を乾かすとパーマスタイルに、髪を濡らすとストレートヘアーになるため、家でのセットやスタイリングの手間は少なくてすみます。
ただし、より長く綺麗に保ちたい方はトリートメントなどのケアを毎日しっかりと行いましょう。また、スタイリング剤は、髪が乾いた状態でべたつきの弱いものを使うのがベストですね。

3-2.<デメリット>

・小さい、細かいウェーブはつけられない
・カールの形状記憶が強いため髪へのダメージが大きい
・デジタルパーマを落とすには縮毛矯正が必要

「小さい・細かいウェーブはつけられない」

デジタルパーマは、大きいウェーブやカールはつけれますが、小さい、細かいウェーブがつけれません。細かいパーマが希望なら、通常のパーマがオススメです。

「カールの形状記憶が強いため髪へのダメージが大きい」

通常のパーマと違い熱を髪に加えるため、髪へのダメージは必然的に大きくなってしまいます。
髪に痛みがある方は特に注意が必要です。また、熱処理を行うことから、火傷する恐れがあるため、根元にかけることができません。髪の毛先から中間までのパーマになることから、選べるスタイルには限りがあります。

「デジタルパーマを落とすには縮毛矯正が必要」

デジタルパーマは熱処理を加えているため、高い形状記憶力があります。そのため、簡単にストレートパーマをかけてもパーマを落とすことはできません。元に戻す場合は、縮毛矯正しかありません。費用もかかりますし傷みます。デジタルパーマをかける時はしっかりと信頼できる美容師と相談して決めることをオススメします。

4.デジタルパーマの乾かし方7つの手順

デジタルパーマ,デジパ,コールドパーマ,ミディアム,乾かし方,スタイリング剤,失敗,違い,スタイリング

デジタルパーマをかけられたお客様から「どうゆう乾かし方をすればいいですか?」「乾かし方教えてください」という声をよくいただきます。乾かし方7つの手順を参考に、うまくご自宅でサロンスタイルを再現してみてください。

1.タオルドライをしっかりやる
2.デジタルパーマのかかっている部分に特にトリートメント等をつける
3.根元を通常通りよく乾かす
4.ドライヤーを持っていない方の人指し指でパーマ部分をクルクルしながら乾かす
5.4の部分を手のひら全体にのせて、ポンポンしながらドライヤーをあてる
6.4と5を繰り返し、毛先までしっかりと乾かす
7.何もつけなくてもOKですが、ワックスなどでさらに形状記憶させてもOK

引用: http://oyakunitatsuyo.com/archives/651.html

上記がサロンスタイルを再現する乾かし方になります。Youtubeなんかにも乾かし方の動画が出ていますので調べてみてください。デジタルパーマも普通のパーマも乾かし方はあまり変わりませんが、デジタルパーマは髪の中間から毛先にアイロンで巻いているようなパーマをかけることがほとんどなため、同じようにクルクルと巻いて乾かすのがポイントになります。

↓↓より詳しく知りたい方はこちら↓↓
デジタルパーマの乾かし方のコツ!~美容師オススメの綺麗に仕上げる6つの手順~

5.デジタルパーマの料金はいくらぐらいなの?

デジタルパーマの料金はパーマやカラーと同じで美容院によって違います。美容室の立地はもちろん、技術力、知名度など料金はそれぞれです。また、通常のパーマに比べるとデジタルパーマの施術料金は割高ですが、相場は1万5千円~2万円くらいです。通常のパーマと比べてプラス5千円~1万円で設定されているサロンが多いようです。

AZURAでは、1万6千円(税抜)でご提供しています。価格が安いに越したことはありませんが、他の美容室でパーマを失敗したり、仕上がりが気に入らないというお客様がよく駆け込んでこられます。技術力やサービス内容が劣るため、安く設定されている場合もありますので、簡単に料金だけで決めてしまうと酷い目に合うこともあります。

万が一、気に入らなかった場合や元に戻したい場合でも、AZURAでは別料金はかかりませんが、サロンによっては、別料金をとるところもありますので、電話などで確認してからお店に行くようにしましょう。

6.デジタルパーマにはこれ!スタイリング剤5選

デジタルパーマ,デジパ,コールドパーマ,ミディアム,乾かし方,スタイリング剤,失敗,違い,スタイリング

デジタルパーマは、コテで巻いたようなカールを簡単に再現することができます。しかし、うまくサロンスタイルを再現できないという声を聞きますが、今お使いのスタイリング剤がデジタルパーマと合っていない可能性もあります。

私がオススメするデジタルパーマと合うスタイリング剤を5つ選んでみました。デジタルパーマと相性が良いスタイリング剤でサロンでの仕上がりを再現しましょう。

おすすめ スタイリング剤① ロレッタ パウダームゥ

デジタルパーマ,デジパ,コールドパーマ,ミディアム,乾かし方,スタイリング剤,失敗,違い,スタイリング

コテを使った巻き髪やパーマによるうねりのあるカールを表現できます。これで美容室でしてもらったふんわりルーズスタイルのパーマを自分で簡単に表現できます。

おすすめ スタイリング剤② メイクアップワックス4.0

デジタルパーマ,デジパ,コールドパーマ,ミディアム,乾かし方,スタイリング剤,失敗,違い,スタイリング

デジタルパーマのエアリーな質感でスタイリングできます。ミディアムの方やロングの方におすすめ。固くないのにカールのキープ力はあって、何度も直せるのがウリです。

おすすめ スタイリング剤③ ロレッタ ムルムルバター

デジタルパーマ,デジパ,コールドパーマ,ミディアム,乾かし方,スタイリング剤,失敗,違い,スタイリング

乾いた髪に泡を直接揉みこむだけで、簡単にサロンスタイルを再現できます。また、バオバブオイルなどの保湿成分も入っているのでデジタルパーマで傷んだ髪をいたわりながらスタイリングできます。

おすすめ スタイリング剤④ ロレッタ フワフワシュー

デジタルパーマ,デジパ,コールドパーマ,ミディアム,乾かし方,スタイリング剤,失敗,違い,スタイリング

スプレー自体にワックス効果があり、ヘアセット効果があります。巻いたり、クセづけしたり、理想に近い髪型に仕上げた後にスプレーすることで、そのふわふわ感をキープするために使います。

おすすめ スタイリング剤⑤ ウエラ リュクスオイル

デジタルパーマ,デジパ,コールドパーマ,ミディアム,乾かし方,スタイリング剤,失敗,違い,スタイリング

デジタルパーマとの相性ぴったり、知る人ぞ知る実力派のヘアオイル。乾かす前につけると3種のオイル(アルガン・ホホバ ・アーモンド)が配合されており、なめらかでしなやかな、まとまりのある髪に仕上がります。

7.デジタルパーマでよくある3つの失敗パターンと対策

デジタルパーマ,パーマ,デジパ,コールドパーマ

デジタルパーマは、通常のパーマよりも強いクセがついて、長持ちしてスタイリングも楽々と、メリットの多いパーマということはご理解はいただけたと思います。

しかし、仕上がりイメージへの期待が大きいため、「かかりすぎて乾かしただけで縦ロールになってしまった」「思ったほどカールが出なかった」「髪の毛が傷んでしまった」などの失敗した話もお客様から伺います。

デジタルパーマの失敗は、大きく分けて3つのパターンに分かれると思っています。

1.パーマがかかりすぎる
2.ウェーブ、カールが出ない
3.髪の毛が傷みすぎる

1~3のように失敗した場合、その原因や対策をご紹介します。

1.パーマがかかりすぎる

デジタルパーマをかけてから2、3日経つとカールが馴染んでくることもあるため、かかりすぎてしまったと思っても少し様子を見てみましょう。!ただし、それでもかかりすぎかな?と思われた場合は、サロンでゆるくしてもらってください。

その場合は縮毛矯正かストレートパーマでの施術になります。プラスアルファの費用はかからないと思いますが、髪の毛のダメージは大きいです。あまりダメージが大きいと、再度デジタルパーマをかけられなくなります。気になる毛先の部分だけカットするか、セットでうまくカバーして伸びてくるのを待つのが良いと思います。

2.ウェーブ、カールが出ない

デジタルパーマをかけて思ったほどのウェーブ、カールが出ていないという失敗は、髪質に原因があることもあります。パーマがかかりづらい髪質の方には、カウンセリング時に美容師さんから説明をしてくれると思います。

髪の毛が太い方、硬い方、また、クセが強すぎる方だとパーマがかかりづらいことがあります。また、反対に柔らかい直毛の方もパーマがかかりづらいことがあります。

他にも、デジタルパーマで失敗する原因は、美容師さんの技術力にもあります。デジタルパーマは、他のパーマと比べてもカールやウェーブが強く長持ちしますが、誰が施術しても良い仕上がりになる限りません。これは他のパーマでも言えることです。

デジタルパーマは、機械によって細かい温度調整は可能ですが、個々に合わせた温度管理をするのは美容師さんになります。施術される方の髪質やダメージとしっかりと向き合い、温度調節や薬液のチョイスをしなければ、デジタルパーマの良さが半減します。

今ではデジタルパーマはどこのサロンにでもあると思いますが、技術力が低い美容師さんもいますのでパーマが得意なサロンを事前に調べてかけてもらいましょう。また、アフターでのメンテナンスをしっかりしてくれるかどうかも大事なことです。パーマをかけた後は、かかっていないのが気になったら早めに美容師さんに相談するようにしましょう。

3.髪の毛が傷みすぎる

デジタルパーマの失敗として、髪が傷みすぎるということがあります。元々髪の毛の傷みがあったり、シャギーを入れていることで毛先が細くなってしまっていたりすると、髪の毛がチリチリになってしまったり、強いカールがかかってしまうことがあります。

髪の毛に少々のダメージがあっても、デジタルパーマならかけられるという風潮がありますが、温度調節や薬剤のチョイスがしっかりできる技術力のある美容師さんあってこそです。パーマが得意でない方が施術すると、髪の毛がチリチリになってしまう場合があるので、あらかじめ髪の毛に栄養を与えて補修をしてかけることをオススメします。

また、デジタルパーマで傷んで失敗しないためには、カウンセリングがとても重要です。他のサロンで失敗して駆け込んでくるお客様の多くは、カウンセリングがあまく、どのようなカールを出したいのか、どのような雰囲気にしたいのか、どんなところが気になっているのかなど、求めているヘアースタイルが伝わっていないように思えます。

もし美容師さんが聞いてこない場合は、事前に自分の髪の毛のことを伝えておきましょう。そうすると、デジタルパーマの失敗は少なくなると思います。

8.まとめ

デジタルパーマ,デジパ,コールドパーマ,ミディアム,乾かし方,スタイリング剤,失敗,違い,スタイリング

デジタルパーマと通常のパーマの違いや、メリットデメリット、デジタルパーマにオススメのスタイリング剤、パーマ失敗の対策など、たくさん書きましたがお分かりいただけましたか?

デジタルパーマ1つとっても、希望のヘアスタイルはもちろん、人それぞれ髪質や髪の状態によって、似合う似合わないが変わってきます。

また、先にも述べましたが、ただ単にデジタルパーマをかければ良いというわけではなく、デジタルパーマのすばらしさを表現するには、美容師の腕はもちろん、しっかりとしたカウンセリングのもと、お客様との信頼関係があってこそです。

ご自分に合った美容師を見つけて素敵なパーマをかけてもらいましょう。

Writen
このコラムを書いた人

大川 英夫

季節のトレンドや、その時の気分に合わせて似合うデザインを提案させていただきます!パーマが得意なのでかかりにくい方や、ダメージしているけどかけたい方ご相談ください!お客様が話しやすい接客を心がけているので気軽に相談ください★
  • Instagram
  • BLOG
AZURA本荘
岐阜県岐阜市本荘中ノ町10-44-2 058-278-3005