COLUMNコラム

ストレートパーマと縮毛矯正、あなたならどっちを選ぶ?正しい選び方を教えます!
「田中 けい子」が書いたコラム一覧はこちら

ストレートパーマ,縮毛矯正

こんにちは!AZURA用賀の美容師、田中けい子です。

私が担当するお客様の中でも、一番多い悩みは「くせ毛」です。皆さんの中でもストレートパーマや縮毛矯正を「一度でもした事がある」もしくは「今もずっとしている」という方は多いはずです。

くせ毛の方が憧れる「サラサラなストレートヘアー」になれるなら、、、と、実は間違った方法を選んでしまている可能性もありませんか?ここでは、ストレートパーマと縮毛矯正の違いや正しいケアの方法についてまとめてみました。

1.ストレートパーマはくせ毛を伸ばす為の技術ではない?!

「ストレートパーマをしたいけれど、あまりくせが伸びなぐにかったり、すぐに取れてしまった」なんていう経験はありませんか?

ストレートパーマの本来の目的は、一度かけたパーマを元にストレートに戻す時に使われるパーマです。ボリュームを抑える目的でも使われることがありますが、くせ毛をまっすぐに伸ばすという目的には適していません。

ですので、くせ毛をサラサラストレートにしたい場合は「縮毛矯正」、髪の毛のくせが弱い方や、根元のボリュームを抑えて自然な仕上がりにしたい方は「ストレートパーマ」がオススメです。

2.ストレートパーマと縮毛矯正はどう違うのか

①料金と施術時間の違い

ストレートパーマ,縮毛矯正

地域やサロンにより違いがありますが、目安としては上の表を参考にしてください。
料金も時間もストレートパーマより縮毛矯正の方が倍の金額がかかります。

②施術内容の違い

<ストレートパーマ>

ストレートパーマ,縮毛矯正
①シャンプー→②1剤塗布→③流し→④2剤塗布→⑤流し→⑥ドライ

<縮毛矯正>

ストレートパーマ,縮毛矯正
①シャンプー→②1剤塗布→③流し→④ドライ→⑤ストレートアイロン→⑥2剤塗布→⑦流し→ドライ

大きな違いとしては、ストレートアイロンを使用して熱処理を行うかどうかの違いです。

③仕上がりの違い

ストレートパーマ,縮毛矯正
施術内容が違うのでもちろん仕上がりにも違いが出てきます。

①でもお伝えした通り、ストレートパーマは髪の毛のくせを伸ばすためのものではないので、しっかり伸びるというよりは、ボリュームダウンする程度の仕上がりで、多少のくせは残ります。

ストレートパーマ,縮毛矯正

縮毛矯正はアイロンの熱を利用して髪の毛をストレートにしていくので、ボリュームダウン+くせも伸びて=ツヤツヤのストレートにすることができます。

④ストレートヘアの持ちの違い

ストレートパーマは約3ヶ月前後で取れてきてしまいますが、縮毛矯正はその名の通り、縮毛をストレートにしてくれてるので、半永久的に持続します。

⑤髪へのダメージの違い

ストレートパーマも縮毛矯正も同じ薬剤を使用する場合が多いですが、アイロンでの熱処理をする縮毛矯正の方が髪への負担が大きいです。

①~⑤を表にすると、

ストレートパーマ,縮毛矯正

また、アイロンでの熱処理が加わる縮毛矯正を一度してしまった髪の毛は元に戻らないため、次回以降、通常のパーマをかけることができず、デジタルパーマという選択になってしまいます

3.ストレートパーマや縮毛矯正を長持ちさせるには?

①施術当日の家でのシャンプーは控える

ストレートパーマや縮毛矯正をかけた直後は、髪の毛が不安定な状態の為、その日にシャンプーをしてしまうと取れやすくなってしまいます。

施術をしてから、だいたい24~48時間置いてから、シャンプーをするのがベストです。

また、シャンプーをした後、長時間、髪が濡れたまま放置しておくのもNGです。なるべく早めに髪を乾かして上げてください。

②一週間は専用シャンプーを使う

髪の毛はそもそもお肌と同じ弱酸性ですが、ストレートパーマや縮毛矯正をした髪の毛は、薬剤によってアルカリ性に傾いてしまっています。

元の弱酸性に戻してあげる為に使用するのが、弱酸性またはアミノ酵素系の洗浄成分のシャンプーです。施術後、一週間使用することで髪のPhが安定してきます。

逆に使用してはいけないのは、アルコール系の洗浄力の強いシャンプーは控えた方が良いです。

③シャンプー時に髪の毛同士をこすらない

ストレートパーマや縮毛矯正をした直後の髪の毛は摩擦に弱いので、シャンプーをよく泡立てて、髪の毛をこするのではなく、頭皮を揉み込むように洗いましょう。

シャンプー後の流しも残らないように念入りに!

④リンスやトリートメントはくしでとかす

シャンプーだけでなく、トリートメントも重要。

トリートメントを髪の毛の中間~毛先につけた後に、あら歯のくしで髪の毛をとかしてあげるとトリートメントが髪の毛全体に馴染んで手触りが良くなります。

⑤定期的に美容室でのトリートメントを

ストレートパーマ,縮毛矯正
次にまたストレートパーマや縮毛矯正をするまでの間は、月に一度美容室でトリートメントをしてメンテナンスをしてあげる事をオススメします。

キレイなストレートヘアを保つ為にも、次回ストレートをする髪へのダメージの予防も定期的にしていくと良いです。

4.市販のストレートパーマは効果があるのか

市販のストレートなら家で低コストできると思いがちですが、やはり「髪が傷んでしまった」「あまり効果が実感できない」という声が多いようです。

実は市販の薬剤と美容室で使用する薬剤では、大きく違いはありません。

では、何が違うのか。。。

ストレートパーマや縮毛矯正は、その時の髪の状態、ダメージレベル、放置時間のバランスでは仕上がりが大きく変わってきます。

例えば、「あまり効果が実感できない」という方は、ご自身のくせに対して薬剤の放置時間が少なかったという事。「髪が傷んでしまった」という方は、逆に時間を置きすぎて、ダメージにつながってしまったという事になります。

たまたまうまくいったという方もいるようですが、ケミカルな技術ですので、経験の多い美容師にやってもらうのが一番安全です。

まとめ

ストレートパーマと縮毛矯正についてお分かりいただけたでしょうか?

お客様がどの程度のくせ毛、ダメージレベルなのかによって、私たち美容師は正しい薬剤を選定しています。場合によっては、全体的にストレートをしなくても、顔まわりや前髪、えり足などポイントで施術する事も可能です。

まず、分からない事は私たち美容師に相談していただくのが解決への近道です。ぜひ、お気軽にご相談ください。お待ちしております。

Writen
このコラムを書いた人

田中 けい子

イメージチェンジをするのが大好きです。
バッサリ切りたい!イメチェンしたい!という方は是非!新しいあなたを見つけます。
指名して予約する
AZURA用賀
東京都世田谷区用賀4-2-3 03-6447-9592